ルームシェア

相手のルームシェアの目的やプライバシーにおけるルール

境界線をしっかりと作ること

ルームシェアは、家族や恋人でもない人と共有してマンションやアパート、または一軒家に住む事です。

普通に一人暮らしをしたりするよりも良い点はたくさんあります。

一人暮らしでは、家賃や公共料金など全てを自分自身で払わなければならないのでお金の面で負担は大きいです。

しかし、ルームシェアならば分け合って払うので毎月の大きな出費の家賃が大幅に失敗も減りピンチも攻略できるものとなります。

家電製品も自分一人で購入すれば高くつきますが、冷蔵庫やエアコン、電子レンジなどみんなで使用すれば、電気代も購入費も負担が減ります。

精神面でも落ち着く事が多く、最近では強盗やしつこいセールスなども多く不安になることが多いですが、帰ると誰かがいて明るい電気のついた部屋に入れる安心感や防犯面でも心配が減ります。

また、食事を一緒に摂れたり話し相手がいつでもいるので、さみしくはなりにくいです。

マンガや聴きたいCDやDVDなどの貸し借りが出来るのも嬉しいです。

そして、学校や職場ではない人と親しくなれるのも交友関係が広がり良いです。

良い点がたくさんあるルームシェアですが、トラブルや気になる点もあります。

誰かがいる安心感は大きいですが、一人になりたい時もあるかもしれません。

そういった時、絶対に完全に1人になるのが難しいです。

また、キッチンやお風呂、洗面所など自分が使用したい時に相手が使用していて思うように行動出来ない事もルームシェアではあるかもしれません。

期間とお金についてのルームシェアのルール

曖昧なルールでは失敗してしまいます

相手の都合で退去が決まった時に、次のシェアメイトが早く見つからないと負担が増えて大変な事もあります。

自分の部屋から出る時に、下着姿などで気楽に出るのは控えなければならいです。

良い点も気になる点もあるルームシェアですが、家族で住むのか一人暮らしをするのか、ルームシェアをするのかという、人それぞれの住み方の選択肢の一つであるという事です。

人との関わりが負担になり自由が奪われると感じる方には向いていないかもしれません。

反対にルームシェアに向いている人がどんな方かというと、自分の事はきちんと自分で出来る人、絶対に我慢や遠慮ばかりせずに言いたい事をきちんと伝えられる人、自分とは違う価値観を理解できる人、細かい事が気にならないおおらかな人、などは問題なくルームシェアが出来る可能性が高いです。

自分の考える常識と他人の考える常識は似ているようで少し違います。

全く同じ常識を持つ方を探す方が難しいです。

ですので、そういった違う考えを持つのを分かり、相談し合えると他人との生活も暮らしやすいです。

上手にルームシェアをするには、難しい人はどんな方が多いかというと、他人に厳しい人は、自分は出来るのに相手が出来ないのが分からにそこから不満がたまり良い関係が保てなくなります。

また、几帳面で綺麗好きなのは、しっかりしており悪い印象はありませんが、相手も自分と同じように整理整頓をするように求めてしまうとこれもまた、相手との関係を上手く保つのが難しいです。

上手くルームシェアをするには、一番最初の段階で相手を選ぶ時に慎重に見て決める事です。

お金の価値観や整理整頓をするレベルが自分と同じくらいであるなど、金銭トラブルは生活の価値観があまりにもかけ離れた人ではなく同じくらいである方が一緒に生活しやすいです。

また、ルールを始めに決めておくのも攻略のためには良いです。

掃除や食事の準備、洗濯などの当番を決めると、さぼりがちな部屋の掃除も相手との約束なのできちんと行うので、清潔さを保てますし食事も外食せずに済むので良い点がたくさんあります。

辞める時のルールも最初にルームシェアの場合は作る

引越しや転居の際のルールは?

今人気の出てきているルームシェアシェアですが、どのくらいの方が経験した事があるのかというと、まだ未経験の方が多いです。

人数は、2人で同居する形が圧倒的に多いです。

大人数よりも少数の方がルールや話し合いなどもスムーズに進みやすいです。

ルームシェアは、同性同士でするものかと思われがちですが異性と共同生活をしている方も多くいます。

同性同士よりも気をつかい疲れるのではないかと思われがちですが、異性だから失敗しても許せてしまうことの方が多いのかもしれません。

もちろんルームシェアの相手はもともと知り合いの方とする方が、全く知らない方とするよりも多いです。

もともと知り合いである方が相手の事は多少は知っているので、トラブルは少ないかもしれません。

生活を共にする前にルールを決めて始める方が多く、そのオリジナルのルールはお互いに干渉のし過ぎに注意する、絶対に異性は部屋に入れない、掃除や食事の片付けなど自分で気づいたらする、光熱費は半分ずつ払うなどのルールを決めています。

ルールがあるからこそ、お互いが快適に暮らせるのかもしれません。

上手にルームシェアを楽しく過ごしていてもいつかは終わりがきます。

やめる時に困るのがお金を出し合って購入した家電製品や家具です。

また、やめるタイミングも相手の都合と自分の都合を考えなくてはならないので難しい攻略できないトラブルとなる問題です。

恋愛や結婚などについても細かいルールが最初にルームシェアは必要

始まる前に相手との攻略するためのルールを作りましょう

一緒に暮らしを始める時にやめる期限なども決めておくと良いです。

ルームシェアをするのは、お金の面で助かる部分が大きいので大学を県外で受験し生活も県外でしなくてはならない学生にはメリットがたくさんあります。

まず、授業料や食料費、パソコン代金などお金がいる生活の中で、家賃が半分になるだけでも生活は楽になります。

また、知らない土地の中で知り合いも最初は誰もいないので、共に生活出来る相手がいるとホッとします。

勉強もしなければならず、アルバイトばかりしているわけにもいかないので、失敗したくないのであれば寮などに入るのもお安く住めますが、ここでは同じ大学生が隣りどおしで住んでおり、どこか出かけるのも必ずといっていいほど誰かに遭遇します。

食事の時間や門限なども気にする事も多くあるので我慢することも多くあります。

色々と住み方に選択肢はありますが、短い期間での約束でルームシェアを経験し、自分自身が楽しく過ごせるか試して見るのも良い方法です。

一人暮らしはさみしくは感じますが束縛はなく自由です。

家族と済むのは、いつでも見守られているので暖かい生活です。

絶対ではありませんが、知らない人と一緒にルームシェアで住むのも人間性を高められるし、このようなトラブルの元となる考え方もあるのだと社会勉強になるかもしれません。

仕事を持つようになれば、気難しい上司や困った同僚もいるかもしれないので人間関係をルームシェアで築く第一歩として良い経験になるのではないかという考え方もあります。